Home > Tags > IFRS

IFRS

どうなる IFRS

2011年6月21日の金融相、「少なくとも2015年3月期についての強制適用は考えておらず」という発言を受けて、IFRSのニュースは最近減少したように感じます。

米国の動向としては、まず大きな方針は、SECはIFRSを米国の財務報告制度に組み込むべきか、また組み込むのであれば、いつ、どのような方法によるかを2011年に決定する予定であるということです。

最近は、方法としてインコーポレート方式・エンドースメント・コンドースメントという言葉がよく使われています。
それぞれの意味を調べて簡単に表現すると、
・インコーポレート方式=自国基準の中にIFRSを取り入れる方式
・エンドースメントアプローチ=IFRSを自国基準に組み込む
・コンドースメント=コンバージェンス(収斂)+エンドースメント
ということで、まずはインコーポレート≒エンドースメントという印象です。
コンバージェンスは、日本もそうですが、単純に今までもやってきたし、これからもやっていくであろうことなのだと思いますので、3つの言葉の共通点としては、IFRSを自国基準に組み込むということだと思います。

一定の移行期間(例えば5年から7年)を通じて、FASBは米国会計基準を順次改訂していくことによりIFRSとの差異を取り除くことが想定されるということです。

日本も米国と同様、アドプション(適用)を目指しました。
コンバージェンス(収斂)により、日本基準とIFRSの差は縮小しています。

残りの大きな差異としては、減価償却と売上かなと個人的には思います。
ただこれは、IFRSと日本基準で必ず差異が生じるという訳でもなく、結果的に差異が生じるかどうかだと思います。

日本はIASBのポストを失いたくないため、完全に採用しないということはないと言われています。
適用の範囲の可能性としては、
1.全上場企業にアドプション
2.上場企業の一部にアドプション
3.インコーポレート方式による適用(米国の動向により浮上)
になるだろうということです。確かに、これ以外には思い浮かびません。

「仮に強制適用する場合であってもその決定から5?7年程度の十分な準備期間の設定を行う」ということで、2012年にそのアナウンスをして、2017年?2019年から適用ではないかと言われています。

Home > Tags > IFRS

RSS 東洋経済
リンク
BlogPeople
Tag Cloud

Return to page top