Home > Tags > 箱根駅伝

箱根駅伝

箱根駅伝 2013

今年の箱根駅伝は、予選会トップだった日体大が往路・総合ともに優勝と、東洋・駒沢の二強と言われた下馬評が覆された形。

勝因としては、何と言っても5区を走ったキャプテン服部の快走。
後は日体大の選手もインタビューで語っていたように、強風で時間のかかる展開になったことが幸いしたか。各選手全て区間7位以内の成績で、大崩れがなかったことが優勝に繋がった形。

逆に敗れた東洋の敗因も5区か。一番距離の長い区間であり、一番差が付いてしまう区間であることは明らかなのに、力のある選手を持ってこれないのは戦力不足か戦略ミスか。

意外だったのが三番手集団の一角と言われた明治・青学の不調。
今年はスピード勝負ではなかったということか。

順位    2012 (予選会)
01 日体大 19 (1)
02 東洋大 01
03 駒沢大 02
04 帝京大 13 (2)
05 早稲田 04
06 順天堂 07
07 明治大 03
08 青山学 05
09 法政大 - - (8)
10 中央学 18 (3)
11 山梨学 09
12 大東文 - - (4)
13 学連選 17
14 國學院 10
15 日本大 - - (7)
16 神奈川 15 (6)
17 東農大 20 (9)
18 上武大 16 (5)
- - 城西大 06 
- - 中央大 08

箱根駅伝 2011

結局、今年の箱根駅伝も去年と同じ早稲田と東洋のマッチレースだったか。
スポーツナビの記事が参考になりましたが、21秒差というのは小さい差だと思うものの、結局は10人全て走った結果であって誰のせいという訳でもなく、しかし東洋大が逆転していればという視点で見ればタイム差の大きい1区と6区の差がそのまま出てしまったか。データ的には日テレが参考になります。

当然のように4年生が抜けて新1年生が入りますが、柏原選手を中心とした主力メンバーが4年生になる来年が本当の戦いとは、そうかもしれません。今回の1年生では、早稲田は1区区間賞の大迫選手、東洋は2区?3区を走った設楽兄弟が目立ちました。
故障者が多くて当日にエントリー変更というのも毎年のことなので、常に2?3人が故障していると想定すれば15人は早いメンバーが欲しいか。

しかし目に付いたのがコースミス。初のシードを取った國學院はもちろんドラマチックでしたが、「あぶねーあぶねー」。
7区?8区のタスキでもバトンゾーンを間違る選手がいました。多分選手は必死で前の車を追っているので、車が右に曲がれば付いて行ってしまします。基本的には選手自身がコースを覚えなければならないとは言え、いずれも最後の苦しい所だと思うので少しかわいそうだと思います。

Home > Tags > 箱根駅伝

RSS 東洋経済
リンク
BlogPeople
Tag Cloud

Return to page top