Home > 月次パフォーマンス・四半期PF > 17/12月末PF増減

17/12月末PF増減

17/12月末PF増減は、税金概算考慮後で、
前月末比で▲5.5%、前年末比で+5.5%。
下落要因は月末にかけてPFの高い割合を占める現物の下落。何とか年間プラスを維持できて良かったか。

ベンチマークとしてそれぞれTOPIXは+1.4%、+19.7%。JQ指数は+1.7%、+42.8%。

2017年を振り返ると、市場は想像以上に強かったという所か。
・アメリカがダウ、NAS共に高値更新で強かった
・為替も長期的に円高に振れることがなかった
・日銀ETF買いによる支え
特にJASDAQ指数は年間で40%を超える大きな上昇率になった。
とはいえ、1月、4月、9月には下げる場面もあった。あったものの、いずれも切り返して押し目になっていた。
ポイントは9月の下げた場面からの切り返しで、それまで何度か超えられなかった20,300を超えた辺りと、2015年高値の20,950を超えた辺りでは買うべきだった。

2018年は、日米中銀トップの交代等の材料はあるが、結局は読めないという所か。
しかしここからさらに継続的な上昇が一方的に続くかというと、そうとも思いづらいか。
結局は分からないという所で、2018年も何とかプラスの確保が目標。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://financecoffee.skr.jp/archives/5567/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
17/12月末PF増減 from ファイナンスコーヒー

Home > 月次パフォーマンス・四半期PF > 17/12月末PF増減

RSS 東洋経済
リンク
BlogPeople
Tag Cloud

Return to page top