Home > 月次パフォーマンス・四半期PF > 16/04月末PF増減

16/04月末PF増減

16/04月末PF増減は、税金概算考慮後で、
前月末比で+2.7%、前年末比で▲2.9%。

ベンチマークとしてそれぞれTOPIXは▲0.5%、▲13.4% JQ指数は▲1.1%、▲5.8%。
前月末比は最後に何とかそれぞれ上回った形。要因としては日経平均の下落と原油価格の上昇。

4月は強かったものの、月末最終営業日に日銀が追加緩和見送りで、日経平均は大きく下落。
理由はどうあれ週足が25MAで跳ね返されて辛い形になったか。
新興もマザーズ指数が2013年5月の高値を超えたものの、月末にかけて下落。
マザーズ指数はもはやそーせい指数か。時価総額で約9.7%。売買代金で約11.5%だが天井は打った印象。
そう考えれば、新興・日経ともにしばらく重そうな展開か。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://financecoffee.skr.jp/archives/5496/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
16/04月末PF増減 from ファイナンスコーヒー

Home > 月次パフォーマンス・四半期PF > 16/04月末PF増減

RSS 東洋経済
リンク
BlogPeople
Tag Cloud

Return to page top