Home > ニュース > 箱根駅伝 2013

箱根駅伝 2013

今年の箱根駅伝は、予選会トップだった日体大が往路・総合ともに優勝と、東洋・駒沢の二強と言われた下馬評が覆された形。

勝因としては、何と言っても5区を走ったキャプテン服部の快走。
後は日体大の選手もインタビューで語っていたように、強風で時間のかかる展開になったことが幸いしたか。各選手全て区間7位以内の成績で、大崩れがなかったことが優勝に繋がった形。

逆に敗れた東洋の敗因も5区か。一番距離の長い区間であり、一番差が付いてしまう区間であることは明らかなのに、力のある選手を持ってこれないのは戦力不足か戦略ミスか。

意外だったのが三番手集団の一角と言われた明治・青学の不調。
今年はスピード勝負ではなかったということか。

順位    2012 (予選会)
01 日体大 19 (1)
02 東洋大 01
03 駒沢大 02
04 帝京大 13 (2)
05 早稲田 04
06 順天堂 07
07 明治大 03
08 青山学 05
09 法政大 - - (8)
10 中央学 18 (3)
11 山梨学 09
12 大東文 - - (4)
13 学連選 17
14 國學院 10
15 日本大 - - (7)
16 神奈川 15 (6)
17 東農大 20 (9)
18 上武大 16 (5)
- - 城西大 06 
- - 中央大 08

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://financecoffee.skr.jp/archives/5118/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
箱根駅伝 2013 from ファイナンスコーヒー

Home > ニュース > 箱根駅伝 2013

RSS 東洋経済
リンク
BlogPeople
Tag Cloud

Return to page top