Home > finance > AIJの件

AIJの件

AIJの件で、約2,000億円という数字が強調されて、AIJばかりが批判されている印象ですが、各年金基金の運用責任者は批判されないのかという印象です。

AIJの中身としてはほぼ、債券先物・オプション、株価指数先物・オプションで、プロでも確実に収益を上げるのは難しいのではないかと思います。
嘘は良くないと思いますが、中身を見て、そんなに簡単に年率換算で+10%という数値を出せるのか、疑って見る目も必要ではないでしょうか。

年金基金も5.5%の確定給付が多いようで、その数値をクリアするために、高利回りの金融商品を追求するのだと思います。そういう意味では、JAL然り、5.5%という数値の確定給付の年金基金そのものに無理があるのではないかと思います。足りない分だけ、企業の業績にはね返ります。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://financecoffee.skr.jp/archives/4163/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
AIJの件 from ファイナンスコーヒー

Home > finance > AIJの件

RSS 東洋経済
リンク
BlogPeople
Tag Cloud

Return to page top