Home > finance > 日経新聞のフライング記事

日経新聞のフライング記事

第3四半期の決算発表も昨日でピークは過ぎた印象ですが、日経新聞には相変わらずフライング記事が載っています。

フライングかどうかの見分け方は簡単で、「?は?と発表した」等、発表したという文言が入っていれば、会社の正式なIRに基づく記事です。
それ以外、「?は?になったようだ」等、発表したという文言が入っていなければ、日経新聞の独自調査による記事です。

独自調査とはいえ情報源があるはずで、それが会社内部である可能性は高いと思います。

日経新聞の調査能力には感嘆しますが、自分の投資銘柄がフライング発表されたらどうするか。

私なら、会社のHPに電話番号やメールアドレスが載っていれば、徹底的に問い合わせます。
誰が情報を漏らしたのか?そうやって漏らすことは会社として正しいと思うのか?納得できる回答が貰えるまで質問します。

Comments:3

zillionaire 12-02-02 (木) 21:11

フライング記事はたまにはずすこともありますしね。

漏らす側、掲載する側双方法的な問題はないのですかね。。

dias51 12-02-02 (木) 22:10

>zillionaire さん

どちらかといえば、漏らす方が悪いのでしょうね。
漏らした先が日経新聞だけとは限らなくなってしまいますから、
特に証券業界にも漏らしていると、インサイダーの温床になると思います。
もし漏らしてないという自信があるなら、憶測記事だというコメントが欲しいです。

日経新聞の方は、スッパ抜くのが仕事なのかもしれませんが、迷惑ですね。
フライングの数値が大きくズレていたら、犯罪のような気もします。

zillionaire 12-02-05 (日) 22:58

本当そうですね。
「当社が発表したものではございません」とかいうコメントは出す意味がない。

フライング記事は↓にある悪いジャーナリズムと根は同じだと思います。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31704

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://financecoffee.skr.jp/archives/4076/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
日経新聞のフライング記事 from ファイナンスコーヒー

Home > finance > 日経新聞のフライング記事

RSS 東洋経済
リンク
BlogPeople
Tag Cloud

Return to page top