Home > finance > 東証住宅価格指数

東証住宅価格指数

RETIOメルマガより
―――――――――――――――――――
★☆《東証住宅価格指数》★☆
中古マンションの価格水準の動向を表した東証住宅価格指数が4月26日に配信されました。
この指数は東日本レインズより提供された中古マンションの成約価格情報を活用し、同一物件の価格変化に基づいて算出された国内初の指数です。米国のS&Pケースシラー指数を参考に作成されたもので、今後、米国と同様、毎月の最終火曜日に公表されていくそうです。
本指数について、1993年6月以降の動向をみると、2005年頃まで下落傾向をたどり、その後上昇に転じ2007年ピークを迎え、サブプライム問題、リーマンショックにより再び下降しています。そして、2009年半ば以降反転し上昇基調をたどっています。初めての成約価格による指数ということもあり、価格のトレンドは不動産取引の現場からみても大変マッチしているとの評価を受けているそうです。また、東証リート指数と比較をみると、約5?6か月遅行
しながら相関した動きをしているなど興味深い結果が得られています。
この住宅価格指数は不動産価格の動向に関する一つの指標となるため、我が国の不動産市場の透明性を高め、不動産取引の活性化が期待されると思われます。本指標を契機に我が国の不動産市場が世界からみても魅力あるものに育てていくことが望まれます。
―――――――――――――――――――
なぜ東証なのだろうと少し疑問に思いました。
各月末までの成約を2ヶ月後に公表、5つの指数はそれぞれ、2000年1月時点が100ということです。
5/31公表値では、埼玉が69.62で低いと感じました。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://financecoffee.skr.jp/archives/3218/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
東証住宅価格指数 from ファイナンスコーヒー

Home > finance > 東証住宅価格指数

RSS 東洋経済
リンク
BlogPeople
Tag Cloud

Return to page top