Home > finance > 課税売上割合が95%以上の場合、全額仕入税額控除ができなくなる?

課税売上割合が95%以上の場合、全額仕入税額控除ができなくなる?

平成23年度税制改正大綱において、平成24年4月1日以降開始する課税期間から、その課税期間の課税売上が5億円を超える事業者は、課税売上割合が95%以上の場合でも全額仕入税額控除ができなくなるらしいです。
これは、日本全体で見ればちょっと影響が大きそうです。

課税売上割合が95%以上の会社は多いと思いますが、影響がどれ位かということや、対応はどうすればいいかというのはググっても見つかりません。
(1)影響
仮に課税仕入れを税抜で5億円とした場合、仕入れに係る税額は5%として25百万円
?一括比例配分方式で申告する場合
(イ)課税売上割合が99.8%の場合
100%との差額は0.2%で、25百万円×0.2%=50,000円 納付税額が増額となる
(ロ)課税売上割合が98%の場合
100%との差額は2%で、25百万円×2%=500,000円 納付税額が増額となる
?個別対応方式で申告する場合
仮に課税資産の譲渡等にのみ要する課税仕入れは3億円、共通して要する課税仕入れは2億円とする
(イ)課税売上割合が99.8%の場合
2億円×5%×0.2%=20,000円 納付税額が増額となる
(ロ)課税売上割合が98%の場合
2億円×5%×2%=200,000円 納付税額が増額となる

(2)対応策
?特に何も準備せずに、一括比例配分方式で申告する。
?課税仕入れについて、3つの区分を明らかにして、個別対応方式で申告する。

少し検討した所、これは会社の業種にもよると思いますが、販売費及び一般管理費についてはほぼ共通して要するものとなり、売上原価(製造原価)については、ほぼ課税資産の譲渡等にのみ要するものになるのではないかということになりました。
「区分を明らかにして」というのは、結局の所、仕訳を入力する際に消費税コードをきちんと入力するということです。入力をする際に気をつけるのはもちろん、デフォルトで勘定科目に設定されている消費税コードを変える必要もあると思います。

最初にこの税制改正を見たときは、なんてめんどくさいことをするんだと思いましたが、よくよく考えてみれば、仕訳をきちんと入力しなければならないという意味では改正前と特に変わっていません。逆に、現状の税法で突発的に課税売上割合が95%未満になってしまう場合に備えてなど、いい機会になったのかもしれません。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://financecoffee.skr.jp/archives/2873/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
課税売上割合が95%以上の場合、全額仕入税額控除ができなくなる? from ファイナンスコーヒー

Home > finance > 課税売上割合が95%以上の場合、全額仕入税額控除ができなくなる?

RSS 東洋経済
リンク
BlogPeople
Tag Cloud

Return to page top