Home > finance > FOI上場廃止

FOI上場廃止

マザーズに昨年11月に上場したFOIという会社が売上を巨額粉飾か、というニュースは先週日経で見ましたが、もう上場廃止になるとは思いませんでした。
上場廃止に至った判断については東証が参考になるでしょうか。

IPOの情報やEDINETで確認すると、主幹事はみずほインベスターズ、監査は桜友共同事務所?
東証と合わせて、これらの者に何か罰則はあるのでしょうか。

上場時の株主はベンチャーキャピタルが多いです。
09/03期売上高約118億円のうち、100億円が粉飾額・・・。しかし09/03期末売掛金残高は約229億円ですからね。
一般論としては、売上や売掛金の監査は何を見たんだという所でしょうか。しかし、決算数値を見るだけで怪しい匂いがもうプンプンしていますから、逆にそれこそ徹底的に見たのではないかという考え方もできます。結果的には嘘が通っただけのようですが。

残高確認はどうだった?取引先の共謀?個人的には試査には限界があると思います。サンプル対象にならなかったものは、何も見られないから。この会社の件は、試査云々のレベルではないかもしれませんが。

ローソンエンターメディアの粉飾のときも思ったのですが、お金は結局どこへ消えたかということです。
上場時の新規株主だけでなく、上場前から投資していたベンチャーキャピタルもハメられた格好。借入金と合わせれば、200億円以上の資金が何かに使われた計算になるでしょうか。人件費や実在している設備には使われたのでしょうが・・・。この会社の場合は、粉飾を訂正したら財務諸表はどうなるか、でしょうか。
数年前に比べれば監査等厳しくなったと思いますから、今の時代に上場サギでこれだけ欺くのも、それは凄いと思います。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://financecoffee.skr.jp/archives/1891/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
FOI上場廃止 from ファイナンスコーヒー

Home > finance > FOI上場廃止

RSS 東洋経済
リンク
BlogPeople
Tag Cloud

Return to page top